ウンチは臭います。なぜ臭うのでしょうか。
腸内に含まれるビフィズス菌が限りなく多く含まれる赤ちゃんのウンチは黄金色をしています。
しかも、少し甘すっぱい臭いをしています。
それはこのビフィズス菌や乳酸菌が主体となっているよい便の証拠だそうです。

離乳食期になって少しずつ食べ物が加わります。
食べ物が加わると、それと一緒に取り込んでしまった細菌の死骸が腸のなかで発酵や腐敗をし、
ウンチの臭いの完成です。

もちろん、腸内でウンチが滞っているとさらなる発酵腐敗がすすみ悪臭の上積みです。
生ゴミをうっかり忘れて旅行に出てしまった
一週間後の生ゴミの袋の中を想像していただければよく理解できると思います。

それに、温かい体温とほどよい動きがかさなれば、ほどよい発酵体の出来上がりです。
それがお腹の中で起こっているのですね。

健康な状態のウンチはさほど臭いません。
myちびちゃんのお姉ちゃんは日になんども快便な子です。
彼女のおならは臭くないです。だから、すかされてもわかりません。

myちびちゃんは、あまりおならをしませんがしたら臭いです。
結構いい音だしても臭いです。

お姉ちゃんのトイレの後は、あまり臭いません。
myちびちゃんのウンチは便秘の時は、体の調子悪い大人がする臭いがしてました。
子どもの臭いの域を超えている感じです。

腸内にとどまる便秘の子の便は、やはり腐敗発酵するため臭います。
その上を漂う空気も臭います。
また、熱のせいでしょうか、お薬のせいでしょうかはっきりしませんが、
特に抗生物質などを服用した時も臭いがきつくなるような気がします。

あとは、肉類が多い時、
にら、にんにくと臭いのきついもの(大好き餃子です)を食べたときも臭いますね。

では、よい臭いはどんな臭いでしょう。
それは我慢できる程度の臭いだそうです。
刺激臭はなく、
だいたい2,3分で気にならない程度の臭いが健康なウンチ、おならの臭いだそうです。

では、悪い臭いとはなんでしょう。
刺激臭を伴い、我慢できない!臭いだそうです。
かいだことないので程度がわかりませんが、
体臭から臭うようになってしまうとのことでした。

これは、腸内の悪玉菌が住みやすい環境になり、
代謝物であるアンモニア等の臭い物質が腸内のガスと混ざり合い臭いを発するそうです。

この臭いが血液中にとりこまれると体臭になるそうですよ。
こわいこわい。

想像するだけで恐ろしいですが参考までに、
2日に1回の排便サイクルは6回分の食事のカスが、
3日に1回の排便は9回分の食事の食事のカスが体の腸内に発酵腐食しているそうです。

赤ちゃんも3回の食事形態になると同じです。
毎日排便していても、
3~4kg(成人)の便があり不完全な消化物は腐ってガスを発生させます。
まさに、生ゴミと同じです。

毎日の排便はとても大事なんですね。
ためることは良くないことなんですね。
赤ちゃんも排便コントロールつく2~3歳になるころ、
トイレにいってすっきり気持ちいいを教えてあげてくださいね。

出なくても、食事の後しばらく待ってトイレに連れて行き、
ウンチでなくてもウ~ン、ウ~ンを教えてあげると便秘知らずになるかもしれません。

myちびちゃんは、いつのまにか便秘脱出してました。
そして、便座のほうがいきみやすいのか、おしっこよりウンチのほうが先に成功しました。
便秘知らずになってからは、臭いの強いおならやウンチしなくなりました。
たまらない臭いはいつかは解消します。根気よく応援してあげてください。