便秘になるのは食物繊維の食べている量が少ないからです。なんて、フレーズよくありますよね。

食物繊維って何かしら?

って思ったことはありませんか?食物繊維って、昔の栄養学では食べ物のカスっていわれていたんだそうです。栄養素がないのです。ただの消化されない難消化性のカスだったそうです。後に食物繊維のお仕事が評価され、なくてはならないものである成分となりました。

そのお仕事とはなんでしょう。

食物繊維は消化管で消化シャワーにあったとしても分解されることが少なく、そのまま大腸へ進んでこれます。食物繊維の成分のほとんどがセルロースです。セルロースは人間の活動にとても必要なエネルギーです。食後時間がたっても身体にエネルギーを供給してくれている成分です。セルロースは腸内細菌さんたちがほぼ100%分解してくれてすぐに活用できるすぐれものです。腸内細菌さんたちが活動できるのはセルロースがあってのことなのですね。

この食物繊維にも種類があります。

食物繊維の大分類

大きく分けて、水溶性と不溶性の2種類あります。

水溶性食物繊維を多く含む食品

りんご、アボガド、キウイなどの果物やこんにゃく、わかめ、昆布などの海藻類、大麦などがあります。

不溶性食物繊維を多く含む食品

豆類、根菜類、野菜類、きのこ類、甲殻類などです。

水溶性と、不溶性どちらもバランスの良い摂りかたをした方が腸内環境にはやさしいです。水溶性はウンチをやわらかくして腸の中をスムースに通過できるようにしてくれます。不溶性は腸内を刺激する働きがあり、大腸の動きを活発にしてウンチを押し出してくれる働きがあります。なので、どちらか、でなくバランスよく両方の食物繊維を摂る必要があるのです。

水溶性の食物繊維には海藻類が入っています。赤ちゃんの離乳食にわかめや昆布は入れにくいです。なので、お出汁として活用してみてください。おかゆの時に昆布だしで作ってみたり、煮物にもつかえます。海藻類のぬるぬるは大事な水溶性食物繊維です。ぬるぬるすることで赤ちゃんにも飲み込みやすくできます。

果物は、アボガドが1番含有率がありますが、赤ちゃんにはアクがつよいかもしれません。みかんやりんごも豊富に含みますのでオリゴ糖を少々つかって自家製ジャムに仕上げるのもよいですね

不溶性はお豆です。納豆などはキラキラ食材ですが、離乳食初期にはちょっと向いていないかもしれませんので、かぼちゃやジャガイモ、コーンのスープや干ししいたけの出汁で茶碗蒸しなどいいですね。その中に柔らかくしたインゲンや細かく砕いたえのきなど入れると食物繊維たっぷりです。

しかし、食物繊維を摂ったから便秘知らず、というのは結びつかないという説もあるそうです。だからといって、とらないことはよくないということは理解していただけたでしょうか。

何でもそうですが、何か1つ摂っていたらよいのではなくて、やはりバランスです。1番難しいようですが、実は日本料理は食物繊維たっぷりでバランスのよい食事が多いそうです。『朝7時におきて21時に寝る』など規則正しく生活をすることで生活のバランスはたもたれます。食生活も食事内容だけでなく、食事時間のバランスが必要です。赤ちゃんは、今ママの手で大きくなっています。彼らが丈夫で便秘知らずで大きくなれるようにママがんばりましょう!!