成人の体に含まれる水分は体重の約60%といわれています。水分は命にかかわる重要なキーポイント。

体の中に酸素や栄養分を運んでさらにいらなくなったものを外に出すという重大な責任ある仕事をしています。

触ると、ぷにぷに、むちむちしている赤ちゃんは大人より多く水分を含みます。なんと体重の約70%が水分です。

さらに、新陳代謝も早いので、大人と比較して体重あたり3倍も汗をかきます。しかも腎臓の機能も未熟なので、水分を摂ってもためることなく、すぐに腎臓でろ過されおしっこで外に出てしまいます。

発熱時や猛暑にすぐ脱水してしまう赤ちゃんは、大人と同じ感覚で扱ってはいけない理由です。

こまめに水分の補給が必要となりますので、麦茶やイオン水、薄い果汁などをあげてください。と、いっても、赤ちゃんが決まったものしか飲まなかったり、ほしがらなかったりするんですよね。

※関連記事:麦茶が嫌いな子供におすすめしたい「赤ちゃん番茶」の効能

なるべく清涼飲料水の糖分や塩分の高いものは避けたほうが、腎臓のろ過機能にも優しいです。

また、ほしがらないのは無理に飲ませなくてもほしくないというサインだと思って、次の機会にあげてみましょう。病的に水分が取れないというのでなければごくごくと飲まなくても、一口でも口を湿らせることができればよいとおもいます。

そして1番効果的な飲み物は、母乳。

母乳を与えられる、飲める環境や条件なら積極的にあげてください。赤ちゃんは安心して飲めますし、精神的にもリラックスできます。

病的とはどんな感じでしょう。

それは、大汗(冷や汗)をかいている、呼吸もあらい、小刻みな浅い呼吸が繰り返されている、意識もはっきりしてない、笑わない、遊ばない、ぐったりしている、体の異常なほてりなどは、救急車を呼ぶか、救急病院にいってください。強制的に体内に水分をいれないと命にかかわります。

お話戻して、では、ウンチに含まれる水分はどれくらいらいあるのでしょうか。

なんと水分はここでもウンチ全体の約70~80%含まれているそうです。ほとんどが水分なんですね。だから、水洗のおトイレなんですね!!(別話でした・・)

実は、ウンチには固形物は2、3割しか含まれていないのです。お口から入る水分と唾液、胃液などの消化液、小腸からでる腸液をあわせると、一日約7~9Lもの水分を消化管は扱うことになるのだそうです(成人での指標)。水分の80%ぐらいは小腸で吸収され、残りを大腸が吸収します。吸収された水分は、再利用分とおしっこに分けられます。

大腸の大事な水分吸収のお仕事があるのですが、数値的には案外低くて約20%ほどだそうです。

しかし、長さからの換算すると小腸より約2倍ほどの処理なんでしょうかね。しかも小腸で水分吸収に失敗すると、最後の砦の大腸に流れ込んできます。そしてそのときは、ぐいぐい肛門まで進行して下痢として排出されます。

出てきたウンチの水分の指標があります。

バナナうんちの水分は約75~80%だそうです。これが基準のよいウンチです。

ゴツゴツかたいウンチ、コロコロのウンチの水分でも約60%程度あるそうです。水分なさそうに見えますが、半分以上水分なのですね。ひょろひょろと長い便の水分は約85%、水様便になると90%以上が水分だそうです。

ウンチの固さを観察し、修正し、バナナウンチめざして水分環境を整えましょう。

最後に

おばあちゃん世代では便秘解消に良いとされていた、「お茶」、「白湯」はあまり効果がないといわれています。

【参考文献】
・中村運/著 『生命にとって水とは何か』 講談社
・鈴木宏明/著 『水のはてなQ&A55』 桐書房
・女子栄養大学栄養科学研究所/編 『水と健康』 女子栄養大学出版部
・桜木晃彦/著 『図解からだのしくみがわかる本』 新星出版社
・奈良昌治/著 『水でやせる』 新講社
・左巻健男/監修 『知って納得!水とからだの健康』 小学館