最近、なにかと話題の腸内環境。

腸内環境とは、なんでしょう。

腸内環境とは、腸内細菌のバランスのことです。
腸内に驚くこと泣かれ、びっくりするくらいの菌が住んでいます。
重さでいうと、大人で1.0~1.5kgもあるんですって。

ウンチの中身の半分は腸内細菌や細菌の死骸だそうですよ。
種類も1000種類以上(判っているだけでです)、数も600~1000兆個だそうです。一種の惑星ですね。

その中に人種ならぬ菌種があります。
おおまかに分けて3種類、善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌です。
よい菌、悪い菌、普通の菌って感じですね。

善玉菌の代表者は、ビフィズス菌や乳酸、酪酸などがいます。
悪玉菌の代表者はウェルシュ菌や大腸菌などです。
日和見菌は、実は菌全体の7割ほど占めるとわかっているそうですが、
実際何してるのかわからない菌だそうです。時に悪玉菌に加担したり、
時には善玉菌協力してりとふらふらしているいつもどこでもいる菌だそうです。

ママのお腹にいる赤ちゃんは、
ビフィズス菌などの善玉菌しか備えておらず、
ママのお腹から出てきてミルク以外のものを食べるまでお腹の中は善玉菌でいっぱいです。
なので、ウンチもヨーグルトのような臭いしてましたよね。きれい黄色の色をしています。

ミルクの子は多少なり他の菌が入ってくるので少しずつビフィズス菌が減っていきます。
なので、ウンチの色も黄緑色ですね。

ビフィズス菌は常に腸の中で生産されるわけでなく、
他の菌や悪玉菌が増えていくとだんだん減っていってしまいます。
1歳のころ99%あったビフィズス菌は60歳になったら1%程度だそうです。

善玉菌のほとんどがビフィズス菌といわれますが、
ビフィズス菌といっても種類は何百種類もあります。
乳酸菌なども300弱種類あるそうです。

口から取り込まれた食べ物は胃の中でどろどろにされ小腸へと運ばれます。
胃の中には食べる時に空気を一緒に飲み込みますが、不要な空気はゲップとして口の戻されます。

どろどろの食べ物が小腸に運ばれる時には空気はかなり少なくなっています。
腸内細菌さんたちは1000兆個ほどいてみな生き物ですから、呼吸します。
だんだん酸素がなくなってきて大腸にいくとほとんど酸素がない状態です。

酸欠で死んでしまうのかと思いきや、住めば都なんですか、
その場所に居つける菌に育っていくのです。それを、嫌気性(けんきせい)といいます。
酸素がなくても生きていけるのです。
しかも、細菌は胃を通り抜け小腸に入ってくるときに胆汁のシャワーにあいます。
この胆汁は菌の膜を溶かす役割をもっていて
小腸を通過するまでは菌がすみにくくする環境を整えています。

なので、腸内細菌の活動場所は酸素の少ない大腸の中に絞られてしまうのです。
では、悪玉菌にシェアされてしまったらどうなるのでしょう。

悪玉と名前がついているだけに悪者です。体に害をもたらすといわれています。
悪玉菌のやることは、腐敗物質をつくることです。
腐敗がひどくなると悪臭も産生されます。
食中毒や感染症もおこしやすくなります。野放し禁止菌ですね。

善玉菌のビフィズス菌やブルガリア菌といったものは取り込まれる量が多いわりに
大腸まで到達できる菌がすくないのです。
でも取り込まないと腸内バランスが悪くなります。
最近の技術力で大腸まで到達できるビフィズス菌を摂取できるものが開発されたそうです。
オリゴ糖なども大腸内まで生きたまま到達できるそうです。
腸内環境には朗報です。

しかしこんな悪玉菌もいなくなったらバランスがくずれます。
健康な腸内の善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランスは20%、10%、70%といわれています。
便秘をすると悪玉菌がエリアを広げる原因です。
悪玉菌のエリアを広げないように善玉菌を増やしていきましょう。