プロバイオティクスとは、
『体に良い菌を積極的にふやして健康になる』  というのが基本的な考え方です。

病気になると、抗生物質というお薬、菌を退治するお薬が処方されます。
昔、この薬は乱用され体の悪い菌も良い菌も退治されていました。

新たに悪い菌のみが成長してしまい、
またその菌をやっつけるために抗菌薬が開発され退治するのですが、
また悪い菌は変身をとげてしまうという追いかけっこをしていたのです。

それは、身体にはよくありません。
MRSAとか多剤耐性とかニュースでみたことがあるでしょうか。
易感染者が激増してしまったのです。

最近の治療法は不必要な抗生物質は使わないで、
身体本来の力を援助する予防的な考えかたに変化してきました。
これがプロバイオティクス、生物同士の共存(プロバイオシス)からうまれた語源です。身

体本来の力の源は腸内細菌のバランスを整えることです。
腸内のバランスを整えることで異常状態を改善し健康にしてくれます。

腸内には1000兆個もの細菌がびっしり住んでいます。
この細菌たちは、外からの病原菌を簡単に身体に進入させないようにしてくれています。
細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と3種類すんでいます。
善玉菌のほうが悪玉菌より多目の状態で健康なバランスになっています。
日和見菌は、優勢なほうにくっついて協力しますので、健康な時は善玉菌の味方です。

このバランスを保つことがとても重要なのですが、保つことも容易ではないのです。
偏った食事をしていたり、病気したりすると悪玉菌がはびこりはじめ日和見菌も加担しはじめます。

そこで、有効にプロバイオティクスな食べ物を摂取することを勧められています。
プロバイオティクスの食べ物には条件があります。
安全性があること、
大腸まで生きたまま到達できること、
身体によい効果をおこせることなど・・があげられます。

代表的なものとして、納豆や味噌、ぬか漬けなどは植物性乳酸菌なので腸まで届きます。
ビフィズス菌の多いヨーグルトは毎日300g程度(大人)摂るとよいといわれています。
また、このプロバイオティクスの働きを応援するものもあります。

この応援者たちは、プレバイオティクスとよばれています。
腸内のプロバイオティクスの力になり善玉菌だけをふやす、
悪玉菌のえさにはならない物質のことです。

オリゴ糖や食物繊維などは小腸内で消化されにくく善玉菌のみのえさになる物質といわれています。

プロバイオティクス、
プレバイオティクス両方を身体に入れることでとてもよい効果が得られます。

赤ちゃんのお腹のなかは、母乳やミルクのときは、ビフィズス菌がたくさんいます。
離乳食が始まるとだんだん悪玉菌も増えていきます。
ずーっと悪玉菌が繁殖しないこともあまりよくありません。
悪玉菌の中には菌の繁殖を抑える働きをしているものもいます。
大事なのは、バランスです。
狭い敷地に共存しようとはしていません。
善玉も悪玉もシェアを広げるために日夜がんばっています。
シェアを広げることを腸内フローラといいます。
お花畑といういみですが、内情は縄張り争いです。
この縄張り争いにまけないようにプロバイオティクス活用しましょう。

ビフィズス菌がんばれ~!