妹から相談事がありました。「子どもがウンチがでないみたい。」と言うのです。私は3人の子どもを育ててきたんですが、そういえば真ん中の娘が下の歯が生えてきたころ(7ヶ月くらいだと思います。ただ、成長速度は個人によって違うかもしれませんが。)赤ちゃんが寝ているときに「う~ん。う~ん。」といきんで便秘気味だったことを思い出しました。

 

そこで、私が当時赤ちゃんに試したみた『赤ちゃんの便秘対策で試したこと』を紹介しました。

 

まず、私は母乳と人工の混合乳でしたので、自分自身が食物繊維をたくさん取り入れました。例えば、レタスやブロッコリーと人参やレモンなどをミキサーと氷を入れて『お手製野菜ジュース』にしました。この時、氷をいれると溶けてくるのですぐ飲んでいました。(飲む都度作るといった具合です。)作り置きの場合は氷は向かないと思います。いつもより意識をして野菜ジュースや新鮮野菜をたくさん食べたら、赤ちゃんのウンチがやわらかめに出ました!!

 

次に、『おやつ』も食物繊維がたっぷり入った市販品にしました。クラッカーみたいなタイプやチョコ味など健康補助食品にも種類が豊富に発売されているので、赤ちゃんのおむつやおしりふきを購入する際に自分のおやつもチェックしました。日々の少しの積み重ねですかね。

 

 

最後に、便秘対策で赤ちゃんに直接的に試したことは2つあります。それは、『ベビーマッサージ』と『めん棒こちょこちょマッサージ』です。『ベビーマッサージ』は、みなさんご存知の通りゲンコツのグーをつくって、『の』の字をお腹の上で優しく大きく「さあ、マッサージするよ~!ウンチがでますように~♪」と、ゆっくり話しかけながらグルグル『の』の字マッサージしました。そのあとは、太ももの付け根や足の裏まで声かけしながらマッサージしました。ポイントは「かわいいね~。」と褒めながらです。『めん棒こちょこちょ』というのは耳かきのめん棒のことです。赤ちゃん用のめん棒ではなくて大人(普通)用のめん棒にベビーオイルをつけて肛門付近をこちょこちょします。注意点は肛門を軽く刺激するようにマッサージすることです。足でバタバタする元気な赤ちゃんには向いていないかもしれないので要注意です。

 

このように、おむつ交換のたびに「今日もでてない…。」と心配になっているママさんがいらっしゃるかもしれません。ましてや、初めてのお子さんがいきなり便秘でママさんは『どうしよう…。』と焦っているかもしれません。赤ちゃんが苦しがって激しく泣いている、元気がない、ミルクを飲まないなどでなければ、ママさんの食生活やベビーマーサージなどで便秘対策をお試しすることをオススメします。
長くなってしまいましたが、お子さんが健やかに成長しますようにお祈りしています。