私の息子は離乳食が終わった頃から便秘が酷くなり、2~3日置きにコロリとしたウンチしか出なくなってしまいました。すぐにおう吐したりお腹が痛いと言うので、常に便秘対策をしている日々でした。かなり色々試したので紹介します。

 

1.オリゴ糖

インターネットや雑誌を読んでオリゴ糖が便秘によいことを知り、購入して子供の食べ物に混ぜてみました。朝食に混ぜて食べさせて、水分をしっかり摂らせると午後に効果が現れます。身体に優しく安全なところでとても手軽で便利な方法です。

 

2.万田酵素

妊婦からお年寄りまで幅広く利用できるとのことで、安心できる原料でした。私も試してみてかなり効果があったことから、子供の食べるヨーグルトに混ぜたりしていました。最初は味に慣れなくて残したりしましたが、慣れてくると食べてくれるようになりました。オリゴ糖よりこちらの方が自然にお通じが出る感じです。

 

3. 朝食にリンゴ

これも私がリンゴを食べるとお腹の調子が良かったので、息子にも毎朝リンゴを食べさせました。最初はすっていたのですが、そのうちに小さく切ればかじれるようになったので、そのまま出していました。リンゴを食べるとお腹がコロコロと言うのが分かりました。繊維質の野菜ではお腹がゆるくなってしまうのですが、リンゴは丁度良い感じです。

 

4.午後の運動

私が試した中で一番成功したのがこの方法です。昼食後にすぐお昼寝をするのですが、3時過ぎに目覚めた後、飲み物をたっぷりと摂らせて外出しました。行き先は近所の広い公園や児童館など、広くて赤ちゃんが走りまわれるところです。どういう訳か外出先でいつもウンチが出て、オムツ好感をする場所を探すのに苦労しました。子供には水分を摂らせて運動させる、というのが一番良いと思います。赤ちゃんが小さな身体で何日も便秘になってしまうと、母親としては心配になってしまいますよね。腸の働きを活発にさせる為には、やはり水分と運動が大切だと思います。天気の良い日には思い切り外で遊ばせてあげましょう。