今年の夏に私の娘が便秘になりました。2歳なのですが、毎日お通じはいい方で、一度も便秘を経験したことがなかったので、何日か出ない日は、本当に心配になりました。

たぶん、夏の暑い日だったから、水分不足と何日間か不規則な生活が続いたので、そのせいではないかなと思います。便は出だしたものの、10分以上一生懸命力んで、うんこはシカのフンみたいなのが2~3個で、気持ち悪いだろうなーと思うとかわいそうでした。さすがに一週間くらいして病院に連れて行ったのですが、その時はうんこが出やすくなる薬をもらっただけで様子見という事になりました。そして、それでも出ない場合は、浣腸するのでもう一度連れてきてください、との事でした。

でも浣腸は、一度すると癖になると聞いたことがあるので、次の日もあまりでませんでしたが、様子を見ることにしました。そして、ちょうど買い物をしていると、偶然にも週に一回訪問に来る「赤ちゃんの相談」の栄養士さんがスーパーの一角に来られていました。それで、便秘のことを相談したところ、便秘は薬や浣腸よりも一番いいのは食べ物で治したほうがいいですよ、というふうに教えてくださいました。

その便秘にきくというバナナも、取り入れ方次第で全然違うそうです。小さく切ってあげてましたが、子供は案外噛まなくて飲み込むことが多いそうです。なので、消化されないままのことが多いそうです。

一番吸収されやすいのは面倒くさいけど、ミキサーでジュースにしてあげることです。そして海藻もいいそうです。

私の場合はお味噌汁の中に、焼きのりを小さく切って入れてあげると、ふわふわにやわらかくなって食べやすくなるので子供も喜んで食べてくれました。

そして一番効いたという声が多かったのが寒天だそうです。

その日に寒天を買って、さっそくリンゴジュースと一緒に寒天ゼリーを作ってあげました。頑張った結果、徐々にではありますが、うんこの量が増えてきて、一週間できれいに治りましたよ!でも治る時間も、個人差があるらしいので、早い人は次の日には快調だったらしいです。

編集後記

ある程度の量を食べてくれるようになる時期なので食事改善は効果的だったようですね。ただ、食事での改善は食材を試している時期は難しいです。