赤ちゃんの体調管理には細心の注意を払いたいものです。特にいつも気にかけていたいのが赤ちゃんの便秘です。

いつから便秘になりやすいの?

よく「赤ちゃんは便秘にならない」と育児書や専門家が言いますが、これは母乳やミルクで育つ乳幼児期までの話です。離乳食になると、下痢のような軟らかい便が固形になっていきます。その時期から便秘になる可能性もでてきます。だから世話をするお母さんたちは、毎日、うんちをしっかりチェックしくことが大切になってくるのです。

なぜ生まれたての赤ちゃんは便秘になりにくいかというと、赤ちゃんは母乳やミルクなどの水分しか飲んでいないため、うんちが固くならないからです。また赤ちゃんの腸内にも善玉菌しかいないため、キレイな状態が保たれていているためです。

ところが離乳食を食べ始める頃になると、食物と一緒に雑菌も口にすることになります。そうなると、これらの菌が腸内に運ばれ、うようよと繁殖を始めて便秘になるのです。

ただ当たり前ですが、そのような状態になっても赤ちゃんは自分で「どうも便秘気味で、お腹がはっている!」と言ってくるわけではありません。だから赤ちゃんが便秘かどうかは、毎日世話をするお母さんたちが、子供の様子をみながら判断するしかないのです。そこでそのときに手掛かりなるのが、赤ちゃんから発信される表情や状態のサインです。

眠くないのにぐずっていたり、いつもは出さないような大きな声で泣いたりなどが続いたら要注意です。しかしこれだけでは「便秘だ!」と断言はできないため、次に優しくお腹を触ってみます。ぽっこりと膨れていたら便秘を疑います。ほかにも食欲がない、食べたものをすぐに吐いてしまうなどの症状があればこれは便秘の可能性が高いので、すぐに病院に行ってお医者さんに診てもらいましょう。

病院に行くと、赤ちゃんの日常の健康状態をあれこれ聞かれるため、できれば日頃から「うんちをする頻度はどれぐらいか?」「前回うんちしたのはいつか?」「うんちの固さはどうだったか?」などをチェックしてメモに残しておくといいです。また病院で便秘と診察されると、薬をもらうこともあります。その時は、飲み方を間違えないようして飲ませてあげます。

ただできればあまり薬は飲ませたくないというのも、親心としてはあります。だから便秘になる前に「最近、うんちのカタチが違う」「うんちがあまり出ていない」などの異変が少しでもあったらさっそく予防対策をすると便秘が解消できる可能性が高くなります

未熟な腸の働きをトータルケア!

赤ちゃんに排便を促進させる方法はいくつかありますが「お腹のマッサージ」は腸の動きを活発にしてくれる効果が期待できます。

それにすぐに試せて費用もかからないのでオススメです。やり方も簡単!

仰向けに寝かせた赤ちゃんのお腹に手のひらをのせて、なでるように「の」の字を書きます。また上体を支えながら左右にゆっくりと転がすと、腸が刺激されて活性化しやすいです。

⇒ マッサージ方法【動画付】

そのほか、食品で改善するのも一つです。ブドウ糖や果糖などの単糖類が2~10個程度結合してできたオリゴ糖は、食物繊維と同様、便秘解消の効果が期待できる栄養素です。赤ちゃんの便秘の原因のひとつは腸内にいた善玉菌以外の菌が繁殖したからです。オリゴ糖は、減ってきたビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれ、さらに腸内環境を整えてくれる働きがあります。赤ちゃんのお腹の中も、生まれた時と同じようにきれいな状態に戻してやることで、排便を促すことができます。

そもそもオリゴ糖は母乳やミルクの中に多く含まれていた成分です。

それが離乳食になって体に入れる量が減ってしまい、それと同時に便秘になっていくリスクが増えたのです。だからオリゴ糖を補給してあげると、きれいな腸に近づいてまたうんちがでやすい体が作れるという理屈になります。

市販品でも気を付けたい!オリゴ糖の選び方のポイントって?

しかしここで一つ注意です。オリゴ糖は消化、吸収されてエネルギー源になるものと、消化、吸収されないものがあります。後者は消化されずに腸まで届くため、善玉菌であるビフィズス菌のエサとなります。だから便秘解消には直接、お腹まで届くタイプのものをチョイスします。

またオリゴ糖は砂糖大根やたまねぎ、とうもろこし、サトウキビなどの野菜の他に、大豆、ミルクなど様々な食材に含まれているので、食事でも摂ることはできますが赤ちゃんの食べる量はそれほど多くないため、もっと手軽に、そして安全で手っ取り早くて即効性がある液体や顆粒状のオリゴ糖がオススメです。

 

 

ヨーグルトや飲みものに混ぜ合わせて食べさせると、簡単なので人気です。ただ錠剤のサプリメントは、嚥下がうまくできない赤ちゃんがのどにつまらせてしまう可能性があるため、避けたほうがいいです。

そのほか、オリゴ糖として市販で売られているものは、天然成分にこだわったものや、高純度のものなどいろいろあります。そして分量も大人が飲む量しか明記していないものもあります。赤ちゃんに飲ませるときは、ホームページや直接メーカーに問い合わせるなどして、乳幼児が飲んでも大丈夫か? を必ず確認することが大切です。

いつも世話をしている人たちが「あれ、便秘かな?」とすぐに察知できれば、マッサージやオリゴ糖などの食品を飲ませるだけで赤ちゃんの便秘は解消できることも多いのです。「赤ちゃんに便秘はない!」と言う概念は捨てて、「便秘になることもあるんだ!」ということを頭に入れ、赤ちゃんと接してあげることが一番の解消法です。

⇒ 先輩ママに人気の赤ちゃん用オリゴ糖はコチラ