便は体調を表すバロメーターです。赤ちゃんのうんちは大人と同様に水っぽいものもあれば硬いものまでさまざまありますが、消化器官が未熟なため、少しの刺激により下痢を引き起こしてしまうことも多いです。大抵の場合は2日もすると普通の状態に戻ります。

色も病気を知らせてくれるサインの一つです。

通常は黄褐色ですが、食べた物によって変化したり、母乳・ミルクの時代には白い粒が混じったり、時には緑色のうんちが出ることもあります。白・黒・赤などが出た時は要注意です。毎回のおむつ替え時にしっかりとチェックすることが、赤ちゃんの体調管理に繋がります。

緑色のうんち

通常の黄褐色は胆汁の影響を受けているための色であり、緑色はこれが酸化した場合の色となりますので、正常範囲内です。特に母乳育児の場合、母乳の成分により乳酸菌生成促進となるため、うんちが酸化しやすい状態となっています。

白いうんち(クリーム色、薄黄色、灰白色など)

胆汁の通り道が塞がってしまうという先天性の病気「胆道閉鎖症」または「肝臓の炎症」の疑いがあります。これは生後間もなく胆道が閉鎖する病気で、胆汁が流れにくい状態となりうんちに黄色が含まれず、それに伴って皮膚・白目が黄色になることもあります。

尿の色がコーラのようになることも特徴の一つです。

早期発見が重要となりますので、病気が進行する前に医師の診断を受けてください。白いうんちと嘔吐を併発している場合は、秋から冬に多いロタウィルス感染による急性胃腸炎の可能性もあります。この時の便は水っぽくて酸っぱい匂いとなり、下痢の回数も増えるため脱水症状の危険性が出てきます。急いで受診する必要があります。

黒いうんち

生まれてすぐに赤ちゃんがするうんちは「胎便」と呼ばれ、べっとりとした形状の濃緑黒色をしています。母体の子宮内で飲み込んだ羊水などがお腹に溜まり、うんちとして出たものです。3日もすると、通常の黄褐色になってきます。

また、鉄分を多く含む食べ物を摂取した時、大量の鼻血を飲み込んでしまった時、授乳時の乳首の切れによる出血の場合、黒いうんちが出ることもあります。次回以降のうんちの色が正常範囲内の黄色であれば、大丈夫です。赤黒いうんちの場合は、血が混ざっている可能性があります。

胃・十二指腸といった体の上のほう、消化管の入り口付近において出血した場合、うんちとして出るまで時間がかかるので血液が酸化し赤黒くなります。胃潰瘍の場合、出生時のストレス・薬剤の副作用・胃腸炎などにより、胃の粘膜が傷ついて出血・潰瘍となり、赤黒いうんちと共に吐血する場合もあります。赤黒い時も鮮血が混じっている場合も、便を持参して直ちに受診しましょう。

赤いうんち

消化管として出口に近い大腸や肛門から出血すると赤いうんちが出ることがあります。かたいうんちに少量の血がついている場合は、うんちをする時に肛門が切れたことによる出血であることが多いです。もしうんちに大量の血が混じる下痢の場合は細菌性腸炎の可能性がありますので、すぐに受診しましょう。

サルモネラ菌・O-157などが原因となる病気で嘔吐や下痢・発熱を伴います。

血液と粘液が混じったジャム状の血便が出た時は、腸重積という緊急を要する病気の可能性が高いです。腸重積とは望遠鏡の筒のように腸と腸が重なり合い、中に入り込んでしまう病気です。激しい痛みにより急に機嫌が悪くなって、火のついたように泣き叫び、嘔吐したり収まったりという症状が10分~30分ごとに繰り返されます。直ちに受診しましょう。

他に大腸ポリープや食物アレルギーの場合も、赤いうんちが出ます。母乳のみの育児である場合は、お母さんが乳製品の摂取をしばらく控えたり、ミルクの場合はアレルギー用のミルクが必要となる場合もあります。

食中毒の原因となるサルモネラ菌、ビブリオ菌、ボツリヌス菌、ブドウ球菌、キャンピロバクター、大腸菌(O-157等)など細菌感染は、事前に気を付けることで予防出来るものです。これらの腸管炎症は、「加熱した食品」「手を良く洗ってから調理する」「清潔な調理器具を使用する」という3つのポイントに気を付けて、感染してしまう前にしっかりとした予防対策をしましょう。

まとめ

赤ちゃんの肝臓移植の原因となる病気で一番多いのは胆道閉鎖症と言われています。早期発見が重要となる理由は、生後2か月以内の手術による経過が良いという結果が出ているためです。うんちの色がとても大切なサインとなりますので、薄い黄色・ベージュ色のうんちが出たら直ちに受診しましょう。

毎日のおむつ替え時に、うんちの色をチェックしておくことが大事です。通常の色を覚えておくと、違う色が出た時にすぐ気づくことが出来、赤ちゃんの体調管理もそれほど大変な作業ではなくなります。デジカメやスマートフォンで写真を撮っておくのも手軽な方法です。母子健康手帳に付属されている「便色カード」を大いに使って、気になる色が出た時はしっかり確認しましょう。