月齢6ヶ月の赤ちゃんへの便秘対策 生まれてから6ヶ月の赤ちゃんが便秘になってしまうことがあります。赤ちゃんの便秘の原因は、ミルクが腸に合わないということや、離乳食の場合は固いものを食べていることが原因として考えられますが、便秘が続きますと、身体全体に良くない影響が出てきますので心配です。

6ヶ月の赤ちゃんにたいする便秘対策としましては、さまざまな方法がありますが、いちばん良いのは食べ物を変えてみるということです。

6ヶ月の赤ちゃんにとっては、腸の機能がまだ未熟という場合が多いですから、便が固くなっている可能性がありますので、まずはミルクの量を増やしたり、離乳食にしている場合はやわらかい食材を与えてみることも対策のひとつになります。具体的な方法としましては、離乳食の野菜などをすりつぶして食べさせたり、ドロドロのおかゆ状にして食べさせるというのが効果的な方法です。

このように、食べるものをやわらかくすりつぶすことによって、腸の消化が良くなりますので、便がやわらかくなって便秘が改善するということもあります。このとき気をつけなければならないことは、便が固いからといって、あまりたくさんミルクを与えすぎないということです。

ミルクを与えすぎますと、便がやわらかくなりすぎて、今度は下痢の症状を引き起こすこともありますので、注意が必要になってきます。肝心なことは、適度にミルクを与えるようにして、離乳食をやわらかいものに変えるということです。このような対策をとることによって、6ヶ月の赤ちゃんの消化機能が正常に戻ってきますので、便もスムーズに出てくるようになります。

やはり、6ヶ月の赤ちゃんですから、それなりに食欲もありますので、できれば栄養をつけるために食事の量を増やすということも大切になってきます。食事の量を増やすことができれば、その分だけ便もたくさん出るようになりますので、便秘の改善にもつながります。食事をいちどにたくさん食べさせるのではなく、少しずつ何回かに分けて食べさせることがポイントです。

6ヶ月の赤ん坊の場合、食事の回数は1日3回から5回ぐらい食べても問題ありませんので、少量を何回かに分けて食べさせることが大切になります。最初はおかゆなどのペースト状にしたものから食べさせることがポイントになりますので、赤ん坊の便が固くなっていることに気づいたときは、このことを実践してみることをおすすめします。いずれにしましても、生まれてから半年の赤ん坊の便が固いままですと、健康にも良くないですから、毎日便の状態を観察するということも重要です。

このような対策を日常的におこなうことによって、赤ん坊の便はだんだんと正常な状態に改善していきますので、便の対策で悩んでいる方は便をチェックすることが大切になります。離乳食の場合は、スーパーなどで販売されているものもありますが、自分で作ることもできますので、試してみることをおすすめします。