5ヶ月の赤ちゃんは離乳食が始まるために便秘になってしまうことが多いです。離乳食が始まるまではミルクや母乳だけしか口にしてこなかったので便秘になってしまうことが多いのです。5ヶ月の赤ちゃんが便秘になる主な原因は水分が不足していることと腸内環境が変化したことです。なぜ水分不足になってしまうのかと言うと、離乳食を食べるようになることによって水分を取り入れるのが減ってしまうからです。

以前はミルクや母乳をたくさん取っていたので水分不足で悩むことはなかったかもしれませんが、食事から取り入れる分が減ってしまうことによって水分が足りなくなってしまいます。だから白湯や麦茶をしっかりと与えるようにしましょう。そして離乳食の後にはミルクや母乳を欲しがるだけ当たることも忘れないようにしましょう。そうすることによって水分不足を防ぐことができます。そして腸内環境を整えてあげることを考えることも大切です。

※関連記事:麦茶が嫌いな子供におすすめしたい「赤ちゃん番茶」の効能

今まで口にしたことがなかったものを食べるようになるので、腸内のバランスはどうしても崩れてしまいがちになります。だからバランス作用のあるものを積極的に与えることも必要です。リンゴは腸内環境を整えてくれる作用があるので、果汁にしたりすりおろしたりして与えるといいです。またオリゴ糖を取り入れることも効果があるので、どのように対策をすればいいのかわからないと感じたらオリゴ糖も活用するようにしましょう。

離乳食のないようにこだわることも大切ですが、赤ちゃんの生活に関しても見直すことが大切です。生活リズムが乱れてしまったりしていないか今一度確認するようにしましょう。良質な睡眠を取れるようにすることが必要です。夜遅くまで起きていたりしていないかなどしていないか見直してみましょう。

毎日同じリズムを作って生活をさせてあげると、赤ちゃんはバランスのとれた生活をすることができます。夜にぐっすりと眠るためには日中はしっかりと体を動かすことも必要です。色々な刺激を受けて生活することはとても大切なことです。ベビーカーや抱っこひもで散歩に連れて行って様々な刺激を受けられるようにしてあげましょう。

離乳食が始まると散歩の時間が思うように取れなかったりすることもあります。結構時間がかかってしまって思うように活動できないと思っているなら、朝はなるべく早めに起きて活動するようにしましょう。早起きをすることによって夜はしっかりと寝てくれるようになって生活リズムを整えることもできます。

しっかりと便秘の対策を行っておけば不安に感じたり悩んだりすることもなくなります。赤ちゃんの頃から便秘に悩んでいて下剤や浣腸などに頼っていると大きくなってからもお腹の悩みが尽きなくなってしまいます。だからこそ小さなうちから腸内環境を整えて元気に過ごせるようにすることが大切です。日々の積み重ねが大切だからこそ、一日一日の生活リズムをしっかりと見治して過ごしましょう。