便秘というと若い女性だけの悩みなのかと思いきや、赤ちゃんや子供にも起こりうることなのです。小さいうちから硬いコロコロのウンチで、排便のたびに痛がって泣くなんて、見ているだけで辛くなってしまいますね。ママととしては、かわいいわが子のためになんとかしてあげたいと悩んでしまいがち。

ではこの子供の便秘は何が原因で起こるのでしょうか。硬いウンチを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

⇒ 乳児期のお子さんのケースはこちらへ

子供の硬いウンチの原因って何?

小さな子供のウンチが硬い原因としては「小食や食生活の偏り」「生活習慣」「運動不足」の3つがあげられます。ただ、小さな子供というのは絶えず動きまわっていますので、運動不足というのは実際に考えにくいでしょう。基本的には「小食や食生活の偏り」「生活習慣」の2つが原因と考えられるでしょう

子供ってどうしても好きなものばかり食べがちになってしまいがちですね。ママが子供のためにと思って色々用意しても、イヤイヤを繰りかえすばかり。ついに根負けして、結局は子供の好きなものばかりの日々……なんて経験を持つママは少なくないはず。

白いご飯ばっかり食べていたり、野菜やイモ類が敬遠されがちだったりして食生活が偏ってくると、ウンチが硬くなりやすいのです。また、好き嫌いばかりして小食になると、その分ウンチが体内に溜まる時間が長くなり、便から水分が吸収されて硬くなってしまいます。そうすると硬いウンチがスムーズにでず、痛くなったり切れ痔になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

また、大抵の場合、子供はトイレにあまり行きたがりません。トイレに座る習慣がきちんとついてないと、ウンチのタイミングを逃してしまっているケースも多いのです。また我慢してしまうことが原因で便秘になってしまうこともあります。

便秘の解消法

便秘の時にはウンチを柔らかくすることがポイントです。ウンチの元は食べ物です。ですから子供の食生活を見直すことが必要になります。

ウンチの量を増やし、柔らかくしてくれるのが食物繊維です。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あります。

不溶性食物繊維

この食物繊維は、野菜や根菜類、芋類、豆類に多く含まれています。水に溶けない、保水性が高いというのが特徴です。また、水を含むと膨張するので、大腸が刺激されますし、ウンチの量自体も増えるので、結果として排便を促してくれます。

水溶性食物繊維

この食物繊維は、海藻類や果物に多く含まれています。水に溶けるとゼリー状になるので、ウンチが柔らかくなります。

この2種類の食物繊維を普段の食事にバランスよく取り入れることがとても重要です。便秘だからといってやゴボウやイモなどの不溶性食物繊維ばかり食べさせてしまうのはかえってNG。ウンチが固くなってしまうこともあります。

「不溶性」:「水溶性」の割合が「2:1」になるのが理想です。また水分補給もしっかりとしてあげましょう。子供が嫌がる場合は、野菜や根菜を細かく刻んで混ぜるなどの工夫をしてあげましょう。果物なら喜んで食べる子供が多いので積極的に取り入れてみるのもいいですね。

意外?! オリーブオイルが便秘を解消

イタリアンの必需品、オリーブオイルは、実は紀元前から便秘解消に多いに役立ってきたのです。その秘密は、オリーブオイルに豊富に含まれいるオレイン酸にあります。オレイン酸は、小腸を刺激して排便を促してくれるほか、油の効果で、硬くならずすべりの良いウンチになると言われています。

目安として1日に大さじ1杯程度(15ml)を摂取します。ドレッシングとしてサラダにかけたり、炒め物の時に使うなど、簡単に調理に取り入れることができるでしょう。

「ビフィズス菌」のパワーを借りる

大腸内には、100種類以上の腸内菌がいます。腸内菌の中には、善玉菌と悪玉菌がいるのはご存じですね。善玉菌が増えれば、大腸の働きが活発になるのでウンチは固くならずスムーズに出るようになります。

理想的な腸内環境

ヨーグルトや味噌などの発酵食品には善玉菌として有名な「ビフィズス菌」が多く含まれています。ですからこれらの食品を子供に食べさせることで、善玉菌の増加が期待できます。けれども、口から摂取した善玉菌は、大腸の前にとおる胃で胃酸を浴びて、ほとんどが死滅してしまいます。

もし生きたまま大腸に届いたとしても、すぐに排泄されてしまいます。

つまり一時的に大腸内の善玉菌を増やすことはできるのですが、大腸内でその量をキープすることは難しいのです。そのため、ヨーグルトは朝食時やおやつの時に必ず食べるなど、習慣づけるようにしましょう。
⇒ 顆粒タイプで飲みやすい!メイトー/ビフィズス菌LKM512

「オリゴ糖」のパワーを借りる

善玉菌を増やす以外に、善玉菌そのものを活性化させる方法もあります。その有効な手段はオリゴ糖です。

オリゴ糖を食べた善玉菌は活発になり、さらに乳酸や酢酸などの酸を生み出します。悪玉菌はこの酸に弱いので、善玉菌はますます増えて活動も活発化します。 オリゴ糖を含む食品として有名なのが牛乳やバナナ、玉ねぎです。ただ残念ながらいずれも少量しか含まれていません。

最近では商品化されたオリゴ糖が手軽に買えます。ジュースやお茶に入れるだけで簡単に摂取できますので、試してみてください。

⇒ おすすめオリゴ糖はこちら

以上のような食生活の見直しと併せて生活習慣の見直してあげましょう。毎朝だいたい同じ時間に朝食をとり、その後トイレに座るといったように、排便のリズムを整えてあげることが硬いウンチから解放するのに、とても大事なポイントになります。