便秘は大人だけに起こるものではありません。実は子供のお通じで悩むママは結構いるのです。子供がうんちをする時に痛がっていたらママとしてもつらいですよね。慢性化してしまうと、別の悪影響もでてきてしまうので、できるだけ早く解消してあげたいですね。

そもそもなぜ子供が便秘になるの?

健康な子供がお通じを悪くする理由は、偏った食生活やトイレトレーニング、運動不足などがあげられます。便秘は慢性化すると、直腸が伸びて太くなり、うんちを自分の力で出せる量を超えても便意を感じにくくなりますので、子供に限らず早めの対応が必要です。

そしていざトイレに座って出すときには痛く苦しいので、子供は出すのがイヤになります。するとますますトイレに行くのがおっくうになってお通じが悪くなることでさらに慢性化し、腹痛を起こしたり、肛門が切れてつらい思いをすることも……。また、うんちの度に痛い思いをするので、排便自体に子供が恐怖感を抱くようになり、ひどい場合は、自分で分からないうちに漏れてしまう「便失禁」になるケースもあります。

子供のお通じを良くする方法は?

子供のお通じを良くするには食生活の改善と生活習慣の見直しが必要です。

食物繊維を意識的に摂らせる

毎日の食事に、食物繊維を上手に取り入れましょう。食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維(非水溶性食物繊維)」があります。

水溶性食物繊維(こんにゃく、海藻、果物)には、うんちを柔らかくする働きがあります。うんちが固くてコロコロしている、便秘と下痢を繰り返す、入園など環境の変化が原因でお通じが悪くなっている子供におすすめです。一方、不溶性食物繊維(ごぼうなどの野菜、イモ類、穀物、きのこ、豆類)は、うんちの量を増やして腸を刺激し、動きを活発にする働きがあります。

お腹がゴロゴロ鳴らない、腸が動いてないという子供に食べさせるとよいでしょう。

また、水分が足りてないと、腸内の水分も不足してうんちが硬く、排便しにくくなってしまいます。子供は汗をかきやすく、水分不足になりやすいので、大人以上に水分が必要です。朝起きてすぐコップ1杯の水を飲むことも効果的です。

規則正しい生活をさせる

早寝早起きをし、朝食をきちんと食べるという規則正しい生活を送りましょう。朝食をとらないと、排便の時間も取れません。生活のリズムが整って来れば、排便の時間も定まってきます。

運動もしっかり

大人と同じように子供も運動不足がお通じが悪くなる原因になることもあります。運動量が減ると腹筋が弱くなります。腹筋は便を出すときに使う筋肉なので弱くなると便秘になってしまうというわけなのです。

最近の子供たちは歩く時間が少なくなり、外で遊ぶよりも家でゲームをして過ごす時間が増えてきています。
運動することによって早寝早起きの習慣がつき、規則正しい生活へ変化していきます。

トイレの失敗は怒らない!

トイレトレーニングなどの時に、うまくいかないことが原因で、お通じが悪くなっているケースも少なくありません。失敗して親に怒られるのがイヤで、うんちをガマンしてしまい、結果うんちが固くなって便秘になるという悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

失敗しても怒らず、おおらかに見守ってあげましょう。

腸内環境を整えるオリゴ糖

お通じを良くするにはさまざまな方法がありますが、腸内環境そのものを整えることも非常に大事です。
腸内環境の乱れを改善する効果が抜群なのがオリゴ糖です。

オリゴ糖というと甘味料をイメージしがちですが、バナナやトウモロコシ、大豆など、普段よく口にするような食品の中にも含まれています。

オリゴ糖は単糖(ブドウ糖など)が結合したもので、分解されることなく大腸まで届き、善玉菌であるビフィズス菌のエサになります。大腸まで届くということが大きなポイントなのです。

腸内細菌には善玉菌のほか、悪玉菌などもありますが、オリゴ糖を食べた善玉菌が乳酸などの酸を出すため、この酸を苦手とする悪玉菌は死滅、善玉菌だけが増えていきます。また、これらの酸が腸の運動を活発化させ、腸管内に水分を呼び込んで便をやわらかくするのです。

しかしそれだけでなく、オリゴ糖を毎日摂取する習慣をつけることで、腸内のビフィズス菌が活発化していき、善玉菌優位の腸内環境へと安定していきます。

つまり、便秘になりにくい体質へと変化していくのです。

ヨーグルトと一緒に子供のおやつとして

腸内環境正常化の主役であるビフィズス菌と、そのエサとなるオリゴ糖。この2つを一度にいただくことが理想的ですね。ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂取するために、もっとも手軽で簡単な方法は、無糖ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂ること。

実はビフィズス菌は酸に弱いという弱点があります。そのため、胃まで行っても胃酸が原因で、腸に届く前にそのほとんどが死んでしまうのです。どんなに無糖ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べても、ほとんどが腸まで届かないのではあまり意味がありませんね。そんなことにはならないように、ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く無糖ヨーグルトを選びましょう。

無糖ヨーグルトと一緒にぜひ摂りたい食材は子供の好きなバナナ。もちろんオリゴ糖が含まれていますし、バナナ以外でも季節のフルーツをいっしょにおやつにいただくのもいいですね。季節のフルーツには、体に必要なビタミンCなどの栄養素も豊富に含まれています。栄養の話をしながらおやつをいただくことは、子供への食育の面でもきっとよい影響があるでしょう。

粉末のオリゴ糖もおすすめ

もっと効果的にオリゴ糖を摂りたい場合は、粉末のオリゴ糖がおすすめです。

スーパーなどでよく見かけるオリゴ糖の甘味料は、たいていの場合オリゴ糖が30~40%程度しか含まれていません。残りは子供には摂らせたくない砂糖や食品添加物などが入っています。

そこでおすすめなのが無添加の粉末のオリゴ糖。子供も大好きなヨーグルトの上にかけるだけで手軽にオリゴ糖を摂取することができます。子供の成長を考え食事バランスをとることで頭がいっぱいでいつもイライラ。「ああ、今日はオリゴ糖がとれていないわ」と怒っている時にはこういった便利な粉末を使ってみるのもいいでしょう。

特にオススメしたいのが、現在確認されているほぼ全てのビフィズス菌を効率よく活性化するように開発された『カイテキオリゴ』です。

参考までに、現在7ヶ月の次女はまだお通じで悩んでいませんが、3歳になった長女はうんちが大人と変わらなくなってきた離乳食後期頃から、お通じのたびにオムツに血が付いていたので、その対策として愛用したのが始まりで、食事に混ぜても味が変わらないということで続けられ、ほぼ毎日スッキリするできるようになっています。

様々なメーカーからもオリゴ糖の商品は発売されておりますが、現在確認されているほぼ全てのビフィズス菌を効率よく活性化するように工夫されているのは『カイテキオリゴ』だけみたいなので、もしオリゴ糖で子供の腸内環境を整えたいとお考えの方は、しつこい勧誘の電話なども無いので一度試してみてくださいね。

カイテキオリゴ公式サイト
▼  ▼  ▼