妊娠中

赤ちゃんがおなかの中にいるとき、女性は便秘になりやすいとよく言われます。妊娠前からお通じが悪かった女性は、もっとひどい症状に悩まされるかもしれません。そんな妊娠中のときに味方になってくれるのが、オリゴ糖です。



妊娠中は便秘になりやすい

便秘になりやすいという妊娠中の女性。2週間以上、続いているという妊婦も少なくありません。なぜ妊娠中になると、ここまでひどい便秘になってしまうのでしょうか。

妊娠中はホルモンバランスが変化します。赤ちゃんのために、女性の体内ではプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が活発になります。これらは妊娠中のイライラや憂鬱という感情面、子宮を大きくしたり乳腺を発達させるという肉体面の両方に影響を及ぼします。ホルモンバランスが変化することによって、自律神経に影響が出るのです。

自律神経は、身体のさまざまな器官の働きをコントロールしています。もちろん胃や腸、大腸という消化器官も例外ではありません。ホルモンバランスの変化が自律神経に影響し、自律神経が大腸に影響することで、便秘がひどくなってしまうことがあるのです。

また、妊娠中は赤ちゃんが大きくなることで腸を圧迫したり、つわりによる水分不足によっても便秘がひどくなってしまいます。石のようにカチコチになってしまったおなかは、赤ちゃんに影響がないか心配になってしまいますよね。無理に出すと痔になってしまいますし、妊娠中は排便時のいきみすら怖いですし、かといって強い下剤もあまり使いたくありません。

便秘になってしまうしくみ

妊娠中に限らず、もともと女性は男性に比べて便秘になりやすいです。これは人間の排泄のしくみからある程度は仕方のないことでもあります。

便秘は身体の排泄機能が弱っていることの裏返しです。大腸内を便がうまく動いてくれないため、排泄されないのです。スムーズに排泄されるためには、大腸に十分なぜん動運動が起こる必要があります。しかし女性は筋力が弱いため、もともと力強いぜん動運動が起こりにくいのです。

オリゴ糖は、この大腸の働きを活発にすることができます

 

 

オリゴ糖の働きを理解する上で欠かせない、人間の消化器官の働きをざっくり言うと以下のようになります。まず口の中で噛むことにより、歯で食べ物をすりつぶし唾液と混ぜ合わせます。唾液には炭水化物を分解する酵素が含まれており、糖がいくつかつながった状態にまで分解されます。

次に胃に送られ、胃のぜん動運動によって胃液と混ぜ合わせられ、おかゆ状態にされます。膵液や胆汁によってタンパク質や脂肪を分解した後、小腸で全ての栄養分の分解を行い、内部のひだに巡らされた毛細血管に吸収されていきます。

その後、大腸では腸内細菌が活動し、便を正常な状態にしていきます。大腸を通るうちに水分が少しずつ吸収され、ぜん動運動によって固形の便が直腸に送られ、排便が行われます。

オリゴ糖は腸内環境を良くする!

オリゴ糖は大腸にまで届き、腸内細菌の手助けをします。大腸の活動が活発になることで、便秘を解消し、排泄機能が正常になるのです。そもそもオリゴ糖は、その名の通り糖分であり、味は甘く感じられます。糖分とは、炭水化物を分解してできるもののことです。

普通の糖分は唾液で分解され、小腸でさらに小さく分解されて吸収されてしまうため、大腸には届かないはずなのです。しかしオリゴ糖は、大腸に届き、腸内細菌であるビフィズス菌などのエサとなってくれるのです。

オリゴ糖が炭水化物の糖分と異なるところは、その構造です。数種類の小さな糖が結合しているため、小腸で吸収されにくく、大腸にまで到達することができるのです。

大腸には1,000種類をこえる腸内細菌がいます。重さにするとなんと! 約1.5キログラムにもなります。これらの腸内細菌がオリゴ糖をエサとして活発に働くことで、お通じがスッキリと解消されていきます。代表的な腸内細菌はビフィズス菌です。

理想的な腸内環境

オリゴ糖を効率よく摂取しよう

オリゴ糖とは決まった成分のことではなく、さまざまな食品に少しずつ含まれています。しかし普段の食事から妊娠中の便秘に効果があるほど摂取するのは難しいものです。そこで、市販されているオリゴ糖をサプリメントとして摂取することをおすすめします。

オリゴ糖の価格相場は、一日あたり100円前後となっています。と言ってもはじめから毎日飲む必要はなく、徐々に身体をオリゴ糖に慣らしていくほうが良いでしょう。オリゴ糖の効果が非常に高いため、翌日の排便から実感することもあります。

 

 

あわせてヨーグルトを一緒に食べることでビフィズス菌を増やし、相乗効果を得ることもできます。

⇒ ヨーグルトが苦手な方や効率よく増やしたい方は、顆粒タイプのビフィズス菌もあります

どんなオリゴ糖を選んだら良いかもポイントになります。スーパーでもシロップ状のオリゴ糖が売られていますが、純度があまり高くない上、1種類のみなので、そこまで高い効果が期待できません。

できれば100パーセントに近い高純度なオリゴ糖で、すべてのビフィズス菌に効果を与えるように数種類のオリゴ糖をブレンドしたタイプがいいでしょう。

また妊娠中なので安心して飲むことのできる天然由来の原料を使用したオリゴ糖を選びたいところです。妊娠中だけでなく、赤ちゃんが生まれてからも使える、安心できるオリゴ糖がいくつか売られています。効果を感じられれば、より安く購入できる定期コースが用意されているものもあるため、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

女性の味方、オリゴ糖を日々の生活に

オリゴ糖は、妊娠中のひどい便秘に効果的で、しかも安全なサプリメントです。赤ちゃんにも安心して使うことができるため、妊娠中から授乳期、離乳食の時期でも毎日の生活に取り入れて、便秘とサヨナラしてしまいましょう!

⇒ 人気のオリゴ糖はこちら