赤ちゃんのコロコロ便も原因としていわれるのは

大人と同じように水分不足であるとされています。

 

ただ、乳児は離乳食を始めるころから便秘になりやすく、

母乳や白湯の量を増やす努力をしていても

コロコロ便は簡単に改善しないことは多いです。

 

これは乳児期は消化器官が未成熟であることも関係あるのではないでしょうか?

 

ですから、食生活を見直し離乳食の変更、水分を多く与える

努力をママがしていても改善しないのでしょう。

 

ただ、コロコロ便を解消するにはウンチを軟らかくする以外にはありません。

 

大人でしたら腸内環境を改善するために

乳酸菌サプリなどを生活に取り入れることができますが、

食事を喉に詰まらせてしまい死亡するような乳児には飲ませられません。

 

その代わりに砂糖水などを飲ませる方法が、

昔からママの間では主流であったのでしょう。

 

ただ、歯が生え始めて歯磨きをするにも苦労をするような

乳児に薄いとはいえ砂糖を飲ませたくないというママもいるでしょう。

 

そんな先輩ママに人気なのが、カイテキオリゴです。

 

糖と聞いて砂糖と同じではと思われがちですが、

オリゴ糖は虫歯の原因になりにくいとされていますので

少しでも砂糖水を与えたくないようなママにはピッタリでしょう。

 

『砂糖水を5%にしなくっちゃ!』

と厳密に計り濃度を気にしながら作らなくても

計量スプーンで最適な量を準備することができます。

 

後はミルクや白湯に混ぜるだけでOKなので、
共働きで働いているママや
計って作ることが面倒に感じていたママなどに
支持されて日本で一番売れているオリゴ糖なんです。

 

もし、赤ちゃんのコロコロ便を解消してあげたいと思っているなら、

一度試してみると、赤ちゃんがウンチをするのを嫌がらず、

便秘が悪化するのを改善できるかもしれませんよ。

⇒ 先輩ママに人気の赤ちゃん用オリゴ糖はコチラ