赤ちゃんの便秘を解消する方法は?

  • ふれあい

    うんちのでやすいポーズ・マッサージ・体操・ツボについて

  • 食材

    実体験に基づく食事(離乳食)で気をつけたいこと

  • メンタル

    『便秘はワタシの遺伝かしら・・・』と自分を追い込むママの疑問や赤ちゃんとの向きあい方について。

  • 便のこと

    基本的な身体の仕組みを知ることで気をつけるべきことがスッキリ分かります。

  • カラダの変化

    見た目でわかることもありますよ!

  • 病院・処置

    病院に行くべき目安について

赤ちゃんの便が出ない?便秘の原因と対策

ウサギのようにコロコロとしたウンチをしたり、 ウンチをするたびに泣き出しだり、 切れ痔のように肛門が切れて出血したりして 便秘の兆候が現れたら赤ちゃんのために 出来るだけ早く改善してあげる必要があります。

泣いている姿もかわいそうですが、 排便する時に痛みを伴っていると 赤ちゃんはますますウンチをしたくなくなるなど 悪循環に陥るからです。

ただ、大人の便秘と同じというわけにはいきません。 理由は月齢によって原因が異なるからです。

例えば、生後六ヶ月までの便秘ですと母乳不足によるもので、 離乳食を始める時期の月齢六ヶ月ごろでは 一つづつ食べられる食材を増やして行くことから偏りがちになる 食事の内容に原因があるケースが多いとされています。

もちろん病気が原因で起こる便秘もありますが 発生確率は低いので、これらが解消すべき原因といえるでしょう。

赤ちゃんは月齢1ヶ月の頃から お腹の中にウンチをためることができるようになり 回数はだんだんと少なくなってきます。

2~3日ぐらいウンチがでなくても 元気で母乳やミルクの飲みがよければ 心配いらないとされていますが、便秘で機嫌が悪くなったり、 泣きながらウンチをするようになったり 離乳食を始めた頃からママを不安にさせることが起きてきますよね。

特に離乳食を始めている赤ちゃんは 食べ物を噛むことも下手な上に胃腸も大人と比べると未熟なのに 大人の食事と近いものを食べているので どうしても水分摂取量が少なくなりやすく ウンチが硬くなる傾向が多いようです。

「お腹がいたい」と言ってくれればわかりますが、 ウサギのようなコロコロのウンチをする時に硬い時や 便意があっても出すことのできないで 泣くことしかできない赤ちゃんは 単に水分を取らせるだけではオシッコになってしまいます。

なので便に水分を保持できるように 食物繊維を含む食材を意識して多く取らせることも重要です。

離乳食が始まると赤ちゃんは便秘に悩みやすく気張る度に泣きだす姿を見ていて、 どうにかしてあげたいママさんは多いと思います。 そんなかわいそうな赤ちゃんを薬に頼らず、 自然にやさしく便秘を解消する方法を紹介しています。

コラム

ページ上部へ戻る